中古コンテナ買取の秘密

日本から海外へ輸出したいけどいろいろわからない問題ってあるのではないでしょうか。輸出を行う上で、あなたは最低条件、このようなことを理解する必要があります。

コンテナ海上輸出について詳しく知ろう

輸出入に興味はあるけど何から手をつけていいのかわからない

輸出入に興味はあるけど何から手をつけていいのかわからないという方々も多くいるのではないでしょうか。まずは、輸出のおおまかな流れについて確認しておきましょう。

輸出について方法がわからないというケースでは、 貿易手配を行うフォワーダーにまず相談しに行くといいでしょう。

国内でのやりとりと輸出で違う点は、 貿易の際は、インコタームズ(国際商業会議所により決められた、国際基準の貿易条件のルール)をきちんと決めておくことが必要になる点です。

インコタームズにおいて、 貨物の引き渡しの場所、危険の移転時点、さらに運送費の負担区分や、保険料を負担する区分などが、売り主&買い主の間で決定がされています。

売り主&買い主のどちらがどこまでの責任を負うかは、 どのようなインコタームズを決めるかによって変わって来ます。

インコタームズの一つとして、CIF・運賃保険料込み条件やDDP・関税込み持込み渡し条件があります。

おおまかな輸出の流れ

おおまかな輸出の流れですが。まず、輸出に必要な書類を作成、依頼します。

そして、貨物をCY/CFSに搬入します。

CYは、船会社によって指定された場所のことです。実入りのコンテナを引き受けし、船積みのため蔵置する施設です。

CFSは、船会社がLCL貨物(コンテナに満たない少量の物)をコンテナにつめる場所です。

輸出者から貨物を引き受け、それぞれの仕向け、エリア別にコンテナ内に収納する作業が行われてます。

貨物搬入をした後、税関に輸出申告しましょう。税関で、書類審査をしたあと、貨物検査が行われて審査が終了、輸出許可となります。

船積み書類を船会社に差し入れして、船積みをします。

船会社に諸チャージを支払って、B/L(船荷証券。船主が荷主との間の運送条件を明示する運送書類)を発行してもらいます。

メイクから書類、B/Lを輸出者に対して送ります。

輸出者から書類・B/Lを輸入者へ送ります。

いかがでしょうか。輸出・輸入について、いろいろ難しい問題は事実抱えています。やっぱり、そのようなケースでは、基礎を押さえることから一歩一歩スタートしましょう。

とにかく、わからないことをそのままにしておくことは相当大きなリスクがありそうです。