中古コンテナ買取の秘密

海上輸送において、消費税というものとは私達はどのような向き合い方をしなければならないのでしょうか。

海上輸送について詳しく

消費税の問題

日本という国も、グローバルをめざし、頻繁に輸入・輸送が行われています。そのとき、私達は、消費税の問題とはどのような関わり合いをしなければならないのでしょうか。

消費税は、支払いしなければならないものはあり、事業者が対価を受け取ってする国内での事業資産の譲渡と言ったものに対してであり、外国貨物の輸入に対してもです。

輸入は課税の対象ということになってしまうのですが、輸出は課税の対象ではないという違いも出てきます。

個人事業主や、また法人が商品などの資産を相当額にあたる対価を得ることで譲渡などをする取引に対し消費税が発生します。

輸入取引に対して消費税がかかる

輸入取引に対して、消費税はかかると考えてください。「品名」、「数量」、「金額」、「消費税額」などが書かれた「輸入申告書」をその地域を管轄している税関長に提出し、消費税を支払いするという流れです。

納期限の延長に関しての申請書を税関長に提出するケースは、担保を提供することによって、担保の額の範囲内なら、最長で3カ月間の納期限延長を認めてもらうことができます。

税額の基礎となる消費税課税標準額に税率をかけて計算をしていきます。

輸出取引の場合

輸出取引の場合は、消費税は免除というカタチをとることができます。

外国で消費されるものなので、日本の消費税を請求する対象ではないという考えのもと、このような流れになってしるようですね。

輸出取引は、国内からの輸出による資産の譲渡、貸付け、外国貨物の荷役、運送、保管……役務提供、また国内&海外との通信、郵便に対し、外国貨物の譲渡、貸付け、非居住者に対しておこなう鉱業権、工業所有権、更に著作権……の無体財産権の譲渡・貸付け、また非居住者に対しての役務提供においてです。

また消費税免税を受けるためには、資産の譲渡などが輸出取引であることを証明しなければなりません。

国内で商品を仕入して、海外で販売するというケースでは、仕入れに対しては、消費税は発生してしまうことになります。

しかし、国外で売ったものに対しては、免除というカタチです。

このようなケースでは、発生した仮払消費税に対し、払い過ぎの税金が還付されることになります。

個人の方々は、輸入にも消費税を納める必要があります。海外旅行者の携帯品、また別送品で、個人的に使用するものに限っては免税が認められています。