デジタルサイネージのディスプレイ

モニター、ディスプレイ、そして、デジタルサイネージという言葉もいま、非常に私達の日常生活に浸透しようとしています。

わかっているような気持ちでいるもののまだ、デジタルサイネージが何かわからないという人たちがほとんどではないでしょうか。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージとは
最近は、モニター、ディスプレイ同様にしてデジタルサイネージという言葉も頻繁に聞くようになりました。

デジタルサイネージと言えば、格好良くもの聞こえますが、それは、簡単に言ってしまえば、「電子看板」のことなのです。

電子看板といえば、なんだということになってしまうのではないでしょうか。

デジタルサイネージは、ディスプレイであり、ディスプレイプラスα画像、動画などデジタルコンテンツが組み合わさったものです。

私達の街では既に多くのシーンで、紙のポスターやお知らせの置き換えで、デジタルサイネージが頻繁に登場して来ています。

デジタルサイネージの利用シーン
いまディスプレイとしてデジタルサイネージがいろいろなシーンで利用されています。

デジタルサイネージは、お客様向けコンテンツ表示として多くの需要があり、街を、お店を、より活気づけてくれていることでしょう。

もうデジタルサイネージというディスプレイのない街自体が想像だにつかないのではないでしょうか。

時間が経つと画面が切り替わるというのも、デジタルサイネージのメリットです。一枚の紙のポスターでは、貼ってある一枚分のスペース空間でしか、セールスアピールをすることができませんよね。

しかし、デジタルサイネージは、違うコンテンツを何種類も見せることができ、通過しようとする人たちを、そこへ引き留めるパワーがあります。

デジタルサイネージをレンタルする
デジタルサイネージディスプレイについてまだよくわからないという人たちは、まずレンタルという手段が正しいのではないでしょうか。

まだまだ、デジタルサイネージについてわからないこともあるでしょう。いろいろわからないことは、お店のスタッフに質問してみましょう。
いまが、デジタルサイネージのディスプレイの導入のタイミングです!

デジタルサイネージのディスプレイの選択肢

いまデジタルサイネージのディスプレイという選択肢も当然出てくるでしょう。

あなたはデジタルサイネージのディスプレイについてどの程度知識を持っていらっしゃるでしょうか。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージの需要
デジタルサイネージは、いままさに、いろいろなシーンで利用され、街には、
デジタルサイネージにあふれています。

ANiUTa(アニュータ)では、屋外にデジタルサイネージを設置しています。完全屋外防水仕様。47インチ縦型ハウジングスタンドです。

また、 テイジンメンズショップ銀座本店では、 屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージが利用されています。

さいたま新都心コクーンシティでは、屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージが利用されています。

デジタルサイネージの選び方
はじめてデジタルサイネージのディスプレイという方々は、どのような商品を選択していいかなかなかわからないのではないでしょうか。

まず、決め手は、「屋内使用」か「屋外使用」かです。

デジタルサイネージを一体どこで使用するのかはとても大事なポイントですね。屋内使用タイプのデジタルサイネージは、店舗・テナントの中など、雨風の影響がない場所で使用します。

そのようなデジタルサイネージは、基本的ディスプレイの輝度は、700カンデラ以上程度のものであれば視認性も確保でき、また防水機能が必要ないため比較的リーズナブル価格です。

一方で屋外使用のデジタルサイネージは、店舗の軒先といった完全屋外のシーンで使用するため、防水機能がある必要があります。

ホコリにも強い設計である必要があって、太陽光下では1200カンデラ以上の輝度がいいでしょう。

ディスプレイも太陽光に耐えられるものを使用するため屋内使用タイプよりは高額になります。

また、デジタルサイネージは、スタンドタイプ、壁掛けタイプ、その他のタイプ?……あたりのこともしっかり考慮してレンタルしなければならないでしょう。

また、輝度(カンデラ)も選択肢のポイントです。