モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意点 大画面になるほどコストがかかる

モニター、ディスプレイを商業的に、有効的に活用したい……という方々も多くいらっしゃることでしょう。

いまは、より宣伝効果をアップさせるため、デジタルサイネージという意識も非常に高くなって来ました。

はじめての方々は、ただ闇雲にモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージというものの、何をどうしていいか全くわからないのではないでしょうか。

まずは、デジタルサイネージ活用方法のイロハを勉強しておきましょう。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージ活用方法

クラウドやインターネットを駆使した大掛かりなものから、USBメモリーを使用したスタンドアロンまで、まさに、ポスター、看板に代わる広告・情報を発信する手段が、デジタルサイネージということになります。

時間や場所、目の前のターゲットに合わせた情報を発信できること、情報をリアルタイムで更新できること、音楽・動画を利用しお客様の目をひく表現が可能なこと……などなど、よりデジタルサイネージに対して期待を広げていることでしょう。

モニター、ディスプレイ→デジタルサイネージへと。そして、 街頭や駅の構内、大型商業施設、スーパー&コンビニエンスストアの店頭などなどのシーンでより用途の可能性は広がるばかりです。

大画面になるほどコストもかかる

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを活用するモチベーションのとき、できるだけ大型の方が、より通行する人たちの関心をここに寄せ付けられると一般的にはほとんどの人たちが考えることでしょう。

しかし、その考えが正解だとしても、大画面になるほど、コストもかかってしまうことになります。

実際に大型デジタルサイネージも簡単にゲットできる世の中にはなって来ていますが、それだけ、中小企業には、お金の問題で難しい課題を抱えしまうかもしれません。

インパクトを訴求したい……というのなら、やっぱり、液晶ディスプレイ単体だけでおおよそ200~300万円あたりかかることになります。果たしてこの費用をあなたの企業では容易に出すことができるのでしょうか。

そのようなとき、小さい企業では、ついついたかが広告の手段と考えてしまうかもしれないですよね。 200~300万円という費用はやっぱり出すことができない企業が多くあります。

そのとき、小さいモニター、ディスプレイで断念してしまうかもしれないですが、他の企業が大きなモニター、ディスプレイを活用している以上、その大きさでは、全然通行する人たちをひきよせることができないかもしれません。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意 画面のつなぎ目が気になる

いま、積極的にモニター、ディスプレイ、そしてデジタルサイネージを活用して商業展開しようというモチベーションの人たちが多くいます。

しかし、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを活用するために、いろいろ注意をしなければならないことがあります。

画面のつなぎ目が気になる

マルチスクリーンの場合、どうしても気になってしまうのが、画面のつなぎ目ではないでしょうか。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで、コストを抑えて、インパクトの大きな大画面で映像を流したいと多くの人たちが考えるかもしれません。

やっぱり費用は大事な問題です。そのようなとき、複数の液晶ディスプレイを積み上げして1枚のスクリーンに見立てた「マルチスクリーン」ならどうにかなると判断する人たちもいるでしょう。

果たして、いま、そのような選択肢は正しいのでしょうか。そのような選択肢で注意しなければならないのは、ディスプレイ間の継ぎ目のベゼル(モニターのフレーム)がとても目立ってしまい、どうしても邪魔……と感じてしまうことでしょう。

お店の店主がそう感じるのなら、やっぱりお客様もそう感じているでしょう。

せっかくモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで宣伝活動ょしようと思ったのに……。

もうちょっとなのに……、結果、全然効果的ではない……ということもあります。

映像ばかりが目立ち、肝心の商品が埋もれてしまってる……

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを使用して、思いきり、宣伝広告しようというモチベーションは正しいかもしれません。

しかし、映像ばかりが目立ち、肝心の商品が埋もれてしまってるケースもある可能性があります。

柱や壁面に液晶ディスプレイ、デジタルサイネージを設置し、多くのお客様が、デジタルサイネージを注目していることでしょう。

しかし、そのようなショップで、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの存在ばかりが目立ってしまうことがあります。

ショップでモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージ展開をしている人たちが意識しなければならないことは、店頭における映像の役目はあくまでも売りたい製品の魅力を演出するに留めておかなければならないことです。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの使い方に慣れて来れば、段々とそのような問題も次第に解消されることになるのでしょうけど、はじめてという人たちは、ついついモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージで大々的に展開し、お客様の目が全く側にある商品に向かないセッティングになっている可能性もあります。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの注意 移動や持ち運びには向いていないかも

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置して、ショップで広告展開、それは、かなり有効的方法です。

しかし、はじめてモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを利用する人たちは、ついついこのような問題を無視して行動してしまうかもしれませんので、注意する必要があります。

常設での使用が基本で移動や持ち運びには向いていないかも

モニター、ディスプレイは移動にも楽……という考えを持っている人たちも多いのかもしれないですよね。

しかし、注意しなければならないのは、モニター、ディスプレイのサイズが大きくなってしまうほど、重量もどんどん嵩んでしまうことになります。

おおかた、一度、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置したら、しばらくはそのままにしておくという意識が正しいでしょう。

売り場の改装やお客様の動線変化に応じ、フレキシブルに配置を変更すればいいだろうと考える人たちもいますが、モニター、ディスプレイはそれ程自由性がきくものではありません。

屋外などで何かイベントを行う際、持ち運んで設置しよう……という意欲は、してみればわかることですが、それほど現実的問題ではないです。

デジタルサイネージのある場所を中心に売り場や店舗のレイアウト・商品配置を自由にしようという人たちは、すぐに期待は裏切られてしまうことになります。

ただ設置するだけでは、もはや注目されない?

そして、次のモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの問題は、ただ設置するだけでは、もはや注目されないかもしれないということです。

まだ、どの企業もモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを採用していない時には、珍しいから多くの人たちがモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに足を止めるでしょう。

しかし、どこもかしこも最近では、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージという感じになって来ているのではないでしょうか。そのような時代が既に来てしまったのです。

経験上、そこにモニター、ディスプレイ、デジタルサイネージがあっても、全然無視……というシーンは、今まで多くあったのではないでしょうか。

いま、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに対して、そのような意味では新しい時代に突入したとも言うことができるかもしれません。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージを設置しようとしている人たちがしなければならないのは、モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージに対してのプラスαのオリジナルのアイデアです。