デジタルサイネージのディスプレイ

モニター、ディスプレイ、そして、デジタルサイネージという言葉もいま、非常に私達の日常生活に浸透しようとしています。

わかっているような気持ちでいるもののまだ、デジタルサイネージが何かわからないという人たちがほとんどではないでしょうか。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージとは
最近は、モニター、ディスプレイ同様にしてデジタルサイネージという言葉も頻繁に聞くようになりました。

デジタルサイネージと言えば、格好良くもの聞こえますが、それは、簡単に言ってしまえば、「電子看板」のことなのです。

電子看板といえば、なんだということになってしまうのではないでしょうか。

デジタルサイネージは、ディスプレイであり、ディスプレイプラスα画像、動画などデジタルコンテンツが組み合わさったものです。

私達の街では既に多くのシーンで、紙のポスターやお知らせの置き換えで、デジタルサイネージが頻繁に登場して来ています。

デジタルサイネージの利用シーン
いまディスプレイとしてデジタルサイネージがいろいろなシーンで利用されています。

デジタルサイネージは、お客様向けコンテンツ表示として多くの需要があり、街を、お店を、より活気づけてくれていることでしょう。

もうデジタルサイネージというディスプレイのない街自体が想像だにつかないのではないでしょうか。

時間が経つと画面が切り替わるというのも、デジタルサイネージのメリットです。一枚の紙のポスターでは、貼ってある一枚分のスペース空間でしか、セールスアピールをすることができませんよね。

しかし、デジタルサイネージは、違うコンテンツを何種類も見せることができ、通過しようとする人たちを、そこへ引き留めるパワーがあります。

デジタルサイネージをレンタルする
デジタルサイネージディスプレイについてまだよくわからないという人たちは、まずレンタルという手段が正しいのではないでしょうか。

まだまだ、デジタルサイネージについてわからないこともあるでしょう。いろいろわからないことは、お店のスタッフに質問してみましょう。
いまが、デジタルサイネージのディスプレイの導入のタイミングです!

デジタルサイネージのディスプレイの選択肢

いまデジタルサイネージのディスプレイという選択肢も当然出てくるでしょう。

あなたはデジタルサイネージのディスプレイについてどの程度知識を持っていらっしゃるでしょうか。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージの需要
デジタルサイネージは、いままさに、いろいろなシーンで利用され、街には、
デジタルサイネージにあふれています。

ANiUTa(アニュータ)では、屋外にデジタルサイネージを設置しています。完全屋外防水仕様。47インチ縦型ハウジングスタンドです。

また、 テイジンメンズショップ銀座本店では、 屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージが利用されています。

さいたま新都心コクーンシティでは、屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージが利用されています。

デジタルサイネージの選び方
はじめてデジタルサイネージのディスプレイという方々は、どのような商品を選択していいかなかなかわからないのではないでしょうか。

まず、決め手は、「屋内使用」か「屋外使用」かです。

デジタルサイネージを一体どこで使用するのかはとても大事なポイントですね。屋内使用タイプのデジタルサイネージは、店舗・テナントの中など、雨風の影響がない場所で使用します。

そのようなデジタルサイネージは、基本的ディスプレイの輝度は、700カンデラ以上程度のものであれば視認性も確保でき、また防水機能が必要ないため比較的リーズナブル価格です。

一方で屋外使用のデジタルサイネージは、店舗の軒先といった完全屋外のシーンで使用するため、防水機能がある必要があります。

ホコリにも強い設計である必要があって、太陽光下では1200カンデラ以上の輝度がいいでしょう。

ディスプレイも太陽光に耐えられるものを使用するため屋内使用タイプよりは高額になります。

また、デジタルサイネージは、スタンドタイプ、壁掛けタイプ、その他のタイプ?……あたりのこともしっかり考慮してレンタルしなければならないでしょう。

また、輝度(カンデラ)も選択肢のポイントです。

信頼できるモニター・monitiorブランド

いまあなたは、どのメーカーのモニター・monitiorを購入していいか迷っているのではないでしょうか。そのような方々に、こんなメーカーブランドがおすすめです。

ディスプレイ レンタル

LGエレクトロニクス(LG Electronics)
モニター・monitiorのおすすめメーカーは、
LGエレクトロニクス(LG Electronics)です。LGエレクトロニクス(LG Electronics)は韓国のメーカーです。

曲面型パネルの「ウルトラワイドモニター」や、1.3mmの極細フレームの「スタイリッシュモニター」と言ったモニター・monitiorは、世界的で評価を得ています。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)には、
高い技術力が存在し、 今後、もっとレベルの高いモニター・monitior、ディスプレイ・displyが登場することでしょう。

まさに、トータルバランスで、モニター・monitior、ディスプレイ・displyを選択するのならこのメーカーがおすすめです。

ベンキュー(BenQ)
ベンキュー(BenQ)は、台湾のメーカーです。こんな国のモニター・monitior、ディスプレイ・displyが、一生懸命頑張っていたりし、結構レベルも高いのです。

ベンキュー(BenQ)には、リーズナブルにものもあり、最新の映像テクノロジーを搭載したハイエンドモデルまで、様々なものを調達することができます。

このメーカーのモニター・monitior、ディスプレイ・displyは、結構リーズナブル価格が購入することができるものの、スペックのレベルは相当高いと思いますよ。コスパ重視という方々も、ベンキュー(BenQ)がおすすめです。

エーオーシー(AOC) モニター E2180SWDN/11
そして、ズバリ、現在どのようなモニター・monitior、ディスプレイ・displyを購入すればいいかと言えば、エーオーシー(AOC) モニター E2180SWDN/11などおすすめです。

エーオーシー(AOC) モニター E2180SWDN/11もリーズナブル価格で結構スペックは高いです。

20.7インチのPCモニター・monitiorならこれでしょう。フルHD解像度であり、かつ、SD画質をアップスケールするクリアビジョンの機能、画面を分割して複数表示をまとめることが可能な仮想マルチディスプレイ、パソコンのオン・オフに合わせモニター動作を設定出来るe-Saver機能も搭載されています。ですから、あなたが撮影したスマートフォン映像も、よりクリアな高画質映像で楽しむことができます。

応答速度は5ms。インターフェイスはD-sub・DVI、ただし、HDMI端子がないあたりは、購入する人たちはちょっと注意をしなければならないでしょう。

2019おすすめディスプレイ・disply

あなたはどのようなディスプレイ・displyを
求めているのでしょうか。ディスプレイ・displyで快適なライフスタイルを演出したい方々には、こんな商品がおすすめです。

ディスプレイ レンタル

I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB
コストパフォーマンスがなんと言っても大事という方々には、I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DBがおすすめです。

I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DBは、ADSパネルが採用されているディスプレイ・displyです。

リーズナブル価格のディスプレイ・displyには、TN方式のものが多い傾向がありますが、もっとリーズナブル価格でも、IPSパネルの視野角の広さは実現することができます。

また、「EX-LD2381DB」は、結構発色の良さも評判です。更にI-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DBは、ブルーライト軽減機能やスピーカーなどの基本的機能も搭載されています。

【I-O DATA モニター 23.8インチ ADS非光沢 スピーカー付 3年保証 土日サポート EX-LD2381DB】は価格が¥11,980 です。この程度のディスプレイ・displyで充分だと思いますよ。

BenQ モニター ディスプレイ GW2470HL 23.8インチ
次にリーズナブル価格でおすすめディスプレイ・displyは、BenQ モニター ディスプレイ GW2470HL 23.8インチです。

BenQ モニター ディスプレイ GW2470HL 23.8インチは、AMVA+を採用したディスプレイ・displyです。

AMVA+は、VAパネルの高いコントラストをしっかり維持し、デメリットの視野角をもっとワイドに広げた、まさにVAパネルの進化形と言っていいでしょう。

ただし、このディスプレイ・displyは、スピーカーの搭載はありません。リーズナブル価格でのディスプレイ・disply提供なので、何もかも……というのは期待出来ないのかもしれないですよね。あらかじめ、了解した上で、購入してください。

【BenQ モニター ディスプレイ GW2470HL 23.8インチ/フルHD/AMVA+/スリムベゼル/HDMI2系統,VGA端子/ブルーライト軽減Plusベンキュージャパン】はamazonでは、¥11,791という価格で販売されています。

発色のよい高画質のディスプレイ・displyを、まさか、¥11,791という価格で購入できるとは誰も思わないのではないでしょうか……。いま、ディスプレイ・displyは、これ程低価格で購入出来てしまうのでね。

デュアルモニターで二画面作業

デュアルモニターで、二画面作業、あなたはデュアルモニターにどのような可能性を感じているでしょうか。

モニターといったら

デュアルモニターのメリット
デュアルモニターでは、excelでの作業やパワーポイントでの資料作りの際により効率性を追求することが出来るでしょう。

ノートパソコンを使用している人たちも、ノートパソコンにモニター・monitorを接続すれば簡単にデュアルモニターが実現します。

一度デュアルモニターを利用すれば、デュアルモニターなしの生活なんてもう考えることが出来なくなってしまうかもしれません。

もちろん多くの人たちがデュアルモニターを重宝と思っていることでしょう。

そもそもノートパソコンの映像では不十分
そもそもノートパソコンの映像では不十分という思いを多くの人たちが持っていたのではないでしょうか。

しかし、画像がそれしかなければ仕方ないから、それを利用する以外方法はありませんよね。

しかし、そのような人たちってそもそもデュアルモニターという発想のことを知らなかったのかもしれません。

デュアルモニターって、実際に使いだすと本当にメリットが一杯あって、便利以外何ものでもありません。単純に言えば、使える画面を倍増化することが出来ます。

ノートパソコンではexcel、モニタではパワーポイントを開くという作業をすることが出来、excelで作ったデータ、表、グラフをパワーポイントに添付するのもいちいち画面を切り替えという作業をしないで済ますことが出来るから非常に楽です。

大きなexcelシートって、一度に見ることが出来る範囲も広くで、私達の理解度も全然違って来たりします。

本当のことを言えば、私達はノートパソコンの表示範囲以上のものを一気に見て理解する能力を持っていたのかもしれません。しかし、ノートパソコンには、映像の限界が存在しているから、なかなかそれが出来なかったのです。

デュアルモニターの接続方法
デュアルモニターの接続方法は モニタをPCに接続します。

アナログ(VGA端子)デジタル(HDMI端子)という互換性のない場合もあるので、そのような時は、変換ケーブルで接続をすることになります。

実際に、モニター・monitorとノートパソコンが同じ端子ならもっと接続作業は楽に済ますことが出来ます。

接続すれば即、画面二つを実現することが出来ます。

パソコン側と同じ画面をモニタで表示する方法でも有効的に活用することが出来るでしょう。

パソコン側とモニターで別々の画面を表示し別々に作業する方法もあります。

ゲーム配信 おすすめモニター ZOWIE XL2411P (BenQ)

あなたもやっぱりいま、ライブ配信、ゲーム配信に関心を持っている頃ではないでしょうか。パソコンでのゲーミングモニターには、このようなものがおすすめです。

ゲーミングモニターを変えるだけであなたのやる気もがぜんアップさせることができます。

ZOWIE XL2411P (BenQ)
あなたにおすすめ、ゲーミングモニターは、ZOWIE XL2411P (BenQ)です。

amazonでは、BenQ ゲーミングモニター 24インチ 144Hz 1ms ブルーライト軽減 ZOWIE XL2411P フルHD HDMI DisplayPort DVI端子 ディスプレイは、¥31,980 で購入できることを確認しました。高いことは高いですが、コストパフォーマンスも充分なので、あなたのゲーム配信をきっと有意義にしてくれるアイテムです。

ライブ配信をやる気になれば、やっぱりこの程度のゲーミングモニターは購入しなければならないのではないでしょうか。

画面サイズ24インチ応答スピード1ms
フレームレート144Hz
HDMI端子数1ポート+DisplayPort+DVI

BenQのゲーマに人気の「ZOWIE」が提供するゲーミングモニターです。144Hzに対応したリフレッシュシートだから、ハイクオリティーのパソコンゲームをenjoyすることができます。とにかくキレイな映像でゲーム配信をしたいという人たちには、この程度のゲーミングモニターが必須です。

EX-LDGC241HTB2 (I-O DATA)
次におすすめゲーミングモニターは、EX-LDGC241HTB2 (I-O DATA)です。

amazonで、I-O DATA ゲーミングモニター 24インチ(144Hz) GigaCrysta PS4 FPS向き 0.7ms(GTG) TN HDMI×3 DP 高さ調整 回転 EX-LDGC241HTB2は、中古¥42,800で販売されています。

EX-LDGC241HTB2 (I-O DATA)は、画面サイズ24インチ
応答スピード0.7ms
フレームレート144Hz
HDMI端子数3ポート+DisplayPortのスペックです。

144Hzに対応!0.7ms!値段は高めですが、コストパフォーマンスは最高です。ゲーム配信
をする人たちにとって応答速度はスピーディーに越したことはありません。

ZOWIE XL2546 (BenQ)
次におすすめゲーミングモニターは、ZOWIE XL2546 (BenQ)です。ZOWIE XL2546 (BenQ)は、画面サイズ 24.5インチ 応答スピード1ms フレームレート 240Hz HDMI端子数 2ポート+DVI、amazonでは、BenQ ゲーミングモニター 24.5インチ 240Hz 1ms DyAc技術搭載 ZOWIE XL2546 フルHD HDMI DisplayPort DVI-DL搭載 FPS向き ディスプレイを、価格¥59,124 で販売しています。

ゲーム配信 おすすめモニター EX-LDGC251TB (I-O DATA)

ライブ配信、ゲーム配信をもう少し、レベルの高いものにするため、モニターに拘りをもつといいです。ゲーミングモニターを変えれば、すぐに普通のモニターとの違いを知ることができます。

ゲーミングPCを使用している人たち、やっぱりパソコンのグラフィック機能を完璧に活かすためにも、ゲーミングモニターを意識して購入していただきたいですね。あなたはゲーミングモニターの魅力を知ってしまえば、もう普通のモニターには戻ることができないでしょう。

あなたにおすすめのゲーミングモニターは、これです。

EX-LDGC251TB (I-O DATA)
あなたにおすすめのゲーミングモニターは、EX-LDGC251TB (I-O DATA)です。

amazonでは、I-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ GigaCrysta PS4 FPS向き 0.8ms(GTG) TN HDMI×2 DP EX-LDGC251TBは、中古で¥29,800の価格が販売されていました。

スペックは、画面サイズ24.5インチ
応答スピード0.8ms
フレームレート 60Hz
HDMI端子数2ポート+DisplayPortです。 アンチグレアを採用したゲーミングモニターです。

このスペックで、この価格は非常にコストパフォーマンスが高いです。Display Portで、パソコンと、PS4、Switchという構成もno problemです。

フレームレート60Hzということは、ゲーミングモニターとして有効的であり、PS4・Switchでも充分enjoyすることができるスペックです。

VX248H (ASUS)
次におすすめのゲーミングモニターはVX248H (ASUS)です。ASUS ゲーミングモニター24型 フルHDディスプレイ (応答スピード1ms / HDMI×2ポート,D-sub/スピーカー内蔵 / 3年保証) VX248Hは、amazonで現在在庫切れでした……。入荷までしばしお待ちください。価格帯は、だいたい17,000円程度です。コストパフォーマンスもいい感じではないでしょうか。

画面サイズ24インチ
応答スピード1ms
フレームレート 60Hz
HDMI端子数2ポート。アンチグレア仕様のゲーミングモニターです。

EX-LDGC251TBと比較して、全然ひけめはありません。とにかく「ASUS」が好きという人たちもいらっしゃることでしょう。

ZOWIE RL2460S (BenQ)
次におすすめのゲーミングモニターは、ZOWIE RL2460S (BenQ)です。ZOWIE RL2460S (BenQ)は、画面サイズ24インチ 応答スピード1ms  フレームレート60Hz HDMI端子数2ポート+DVIのスペックです。

BenQ ZOWIE ゲーミングモニター RL2460S (格闘ゲームに最適/24インチ/TN/1ms/フルHD/HDMI out端子付/Black eQualizer/スピーカー付/高さ調整)は、amazonで、¥ 41,500 で販売されています。

ゲーミングモニターとテレビの違い

あなたはいま、ライブ配信、ゲーム配信のためゲーミングモニターを購入しようと思っているのではないでしょうか。でも、ゲーミングモニターとテレビはどの程度違うのかまだまだ答えがわからないという人たちもいます

高いゲーミングモニターを購入してしまう前に、最小レベルの知識は身につけてください。

応答スピード (ms) が違う

ゲーミングモニターとテレビはどの程度違うのかといえば、応答スピード (ms) が違います。応答スピード (ms) とは……、ゲーミングパソコンで処理されて、画面に反映するまでのスピードのことを言います。

ゲーミングモニターで、応答スピード (ms) がスローというのではやっぱり相当ストレスが溜まってしまうと思いますよ。

だから、ゲーム配信では、テレビではおすすめ出来ないのです。テレビでno problemと言っている人たちは、いずれ、ゲーム配信をやめてしまうことになるのではないでしょうか。

応答速度(ms) のスピードが早いということは、早く次の行動に出ることができるということです。対戦ゲームをしている人たちで、同じ程度のレベルだという場合、応答スピードのスピードが早いゲーミングモニターを使用している人の方が、有利に進行されせることができます。

ただし、スピードは、「1ms=0.001秒」……なので、それぞれそんなにレベルの低いモニターを使用していない限り、ゲームに影響が出てしまう程ではありませんが。

とにかく、ゲーム配信をしている人たちは、古いモニターを我慢して使用しているというのもどうかと思いますね。

フレームレート (fps)

また、ゲーミングモニターを購入する上でcheckしなければならないことはてフレームレート (fps) です。
フレームレート (fps)とは、1秒間に何回映像が描画されるかということです。

ゲーミングモニターもテレビも、動画は静止画の連続というとらえ方です。1秒間に30回描画というモニターなら、そこそこなめらかな感じな動画と認識することができます。

それが、30fps(30Hz)です。1秒間に60回描画されるものに対しては、 60fps(60Hz)ということになります。

では、フレームレートとは画質のことと言っていいのでしょうか。

画質は、画面にどの位鮮明に映されるかと言う言い方をすることができます。一方でフレームレートとは、画面にどの位頻繁に映されるかという事をあらわしています。ですから画質イコールフレームレートではなく、画質が良くてもフレームレートが低いと少しカクカクした感じで動いて見えてしまうことがあります。

モニター、ディスプレイ、デジタルサイネージの選択肢

モニター、ディスプレイは、いま新しい時代に突入したのかもしれません。

それは、デジタルサイネージというジャンルの登場です。

いま、ディスプレイは、デジタルサイネージも含めてどうかという判断をしなければならないでしょう。

デジタルサイネージとは何か

デジタルサイネージという言葉は、まだまだ新しい言葉なので、意味がわからないという方々もいらっしゃることでしょう。

サイネージとは、 液晶画面に画像や映像を映して宣伝する広告物というとらえ方です。

そのとき、テレビディスプレイでも代用出来るかもとか、サイネージだと何が違うのか……いろいろ疑問もわいて来ることでしょう。

何がそもそも大きく違って来るのかと言えば、 テレビディスプレイであれば、基本、横向きにして活用することになります。

TV放送やDVDを発信した場合、映像規格がそうなっているから、仕方ないことでしょう。

ディスプレイ自体も、基本、横向きというセッティングです。

ですから、縦というのも不可能ではありませんが、手間は結構かかってしまうでしょう。

しかし、デジタルサイネージの場合違います。デジタルサイネージの場合、サイネージ用のモニターは「縦向き」なのです。

ですから、 サイネージ向けの広告用画像・映像を作成する際、作成の序盤では、縦長セッティングということになります。

この「縦」というのは、広告を見ている人にとっても斬新にまだ映り、広告としての価値、意味を充分持つことになります。

何しろ、広告を出して通過する人たちが足を止めなければ全然意味がない訳ですし。

ディスプレイというのなら当たり前でも、まだまだデジタルサイネージは新しい世界で、スタイリッシュで、オシャレにも見えるでしょう。

耐久性はどうか

比較して耐久性の問題はどうなのでしょうか。

TV用ディスプレイは屋内環境での使用をどうしても想定することになるのではないでしょうか。

しかし、デジタルサイネージは、屋外の環境を想定しています。

屋外環境では、あまざらしの環境や、直射日光の影響は存分に受けてしまうでしょう。

ディスプレイでは、そのような環境のことをそもそも考えて作られていないので、ちょっと外で広告展開をしようと思っても無理があります。

耐久性について考えるなら、やっぱりデジタルサイネージが大きく有利です。

いかがでしょうか。今後企業では、ディスプレイ、モニターとともに、デジタルサイネージの広告手段についても考えることになるでしょう。